戻る

手荷物規定

ホーム

【 機内持込み手荷物規定 】

機内持込み手荷物について

機内に持ち込むことができる手荷物は、身の回り品(ハンドバック、ショッピングバックなど)のほか、お一人様1個とさせて頂きます。航空保安検査の強化および機内安全の為、持込み手荷物は最小限にして頂きますよう、ご協力お願い致します。

≪大きさ≫ 3辺の合計が115㎝以内(55×40×20㎝以内)
≪重さ≫ 10㎏以内
≪個数≫ お一人様1個

※上記サイズを超える手荷物、および機内収納スペースの関係上、規定サイズ内のお手荷物であっても、客室内の収納スペースに収まらない場合は受託手荷物としてお預かり致しますのでご了承下さい。

機内持込み制限品目について

凶器となり得る物品(ナイフ、ハサミ類、先端が尖った物、バット類、花火・クラッカー等火薬類、スタンガンなど)全てに関し、航空機内への持込が禁止されております。刃物等の機内への持ち込みは法律違反であり50万円以下の罰金の対象となりますので、事前にお預けになるお手荷物の中へ入れて頂きます様お願い致します。

液体物の持込みについて

液体類の機内持込みが以下のとおり制限されます。なお、当ルールは受託手荷物には適用されません。
① あらゆる液体物は、100ml(g)以下の容器に入れて、容量1リットル以下のジッパー付きの透明プラスチック製袋に入れて下さい。(100ml(g)を超える容器に100ml(g)以下の液体物が入っている場合でも不可となります。)液体物の中には、ジェル状のもの(ヘアジェルや歯磨き粉など)、エアゾール、スプレーなども含まれます。
② それらの容器を再封可能な容量1リットル以下のジッパー付きの透明プラスチック袋に入れて下さい。(サイズの目安は縦20cm以下 ⅹ 横20cm以下となります)中の容器が一杯で、密封できない場合や、100ml(g)以上の容器や、透明プラスチック袋がない場合も、容器を廃棄して頂きますのでご注意下さい。
③ お客様1人当たりの袋の数は1つのみ持込み可能です。保安検査場では、他の手荷物と別に検査員に提示してください。
④ 医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等については、適用除外です。機内で必要な量に限り、透明プラスチック袋に入れずに持込み可能です。その際、検査員への申告を願い致します。医薬品については、処方箋の写し、病名が分かる医師の診断書類の提示を求められる場合があります。ベビーミルク/フードについては、乳幼児のお客様が一緒にご搭乗される場合に限ります。
⑤ 免税品について保安検査後、免税店等で購入した酒類などは機内持込み可能です。但し、国際線に乗り継ぐ場合は、検査の際に、その国のルールに従い没収される可能性がありますので、ご到着後、お客様ご自身で受託手荷物としてお預け頂く必要があります。

危険物について

航空法により機内持込み、受託手荷物の取り扱いが制限、もしくは禁止されているものがございます。

●引火性・毒性ガスを使用したスプレー(キャンプ用ガス、カセットコンロ用ガス、家庭用・キャンプ用ストーブ、スポーツ用酸素缶、殺虫剤・農薬など)
●液体物(アルコール度数が70度を超える液体、ペイント類、腐食性・酸化性物質に該当する漂白剤、毒物など)
●ライター・燃料オイル・可燃性物質(マッチ・ライター類、オイル式ライター、オイルライター用燃料など)
●有害物質・腐食性物質(リチウム金属電池、リチウムイオン電池、液体バッテリーなど)
●火薬を使用したもの(花火、クラッカー、弾薬など)
●発熱するもの《電池が取り外せるものを除く》(ヘアアイロン、水中ライトなど)

その他、航空機や搭載物などに危険を及ぼす恐れのあるものは法令により航空機輸送が禁止されており、機内持込みまたは受託手荷物としてお預かりすることはできませんのでご注意下さい。また、これら以外でお預けまたは機内持込みが可能かどうかご不明な場合、詳細情報は国土交通省航空局『航空機への危険物持込みについて』のホームページでご確認頂くか、空港職員、保安検査場係員へお問い合わせください。航空機の安全運航へのご理解、ご協力をお願い致します。
※規定内容は予告なしに変更になる場合もございますので予めご了承下さい。

高価品・貴重品について

以下に該当するものは受託手荷物の中に入れず、機内にお持込み下さい。また、運送中これらに破損、紛失および引渡し遅延が生じた場合、弊社では一切責任を負いかねますのでご了承ください。

●高価品(現金、宝石類、貴金属、有価証券、証券、美術品・骨董品などの高価品)
●貴重品(書類、電子データ、旅券など旅行に必要な身分を証明する文書、見本、カード類、金券、通帳、小切手、定期券、鍵、時計、パソコンおよび周辺機器類、携帯電話、ビデオカメラ、カメラ、デジタルカメラ、MP3、薬、絵画、時計、形見などの貴重品)

壊れやすいもの

楽器、スポーツ用品など(ゴルフクラブ、自転車、サーフボード、ダイビング用具、ウィンドサーフィン用具など)
陶器、ガラス製品、酒類などの壊れやすいお手荷物の取扱いには十分注意しておりますが、固有の欠陥、または性質から生じたものである場合は、万一損害が生じてもその責任は負いません。また以下の場合も同様に責任を負いかねますのでご了承下さい。
1.過重量、過容量による手荷物破損、老朽化など手荷物固有の不具合に起因した破損
2.着脱式のキャスター・ストラップ・フック・名札・ベルト・取っ手、ロック装置など突起した付属品の欠損
3.軽微な破損(擦り傷、切り傷、へこみ、汚れなど)

【 受託手荷物規定 】

無料手荷物許容量

【日本⇔韓国線】
お預かりする手荷物はお一人様15KGまで無料
座席を有しない幼児に対しては10KGまで無料
※成田・関西⇔済州線はゴルフバックがある場合、ゴルフバック込みでお一人様23KGまで無料 (2017年10月29日~2018年10月27日はお一人様15KG+ゴルフバック1個まで無料※イベント運賃除く)
但し、手荷物1個あたりの重量が32KG以内で大きさ3辺の和が203㎝未満とし、超える手荷物に関しては受託手荷物としてお預かりできませんのでご注意下さい。
※2017年11月1日予約分よりイベント運賃(A・B・Dクラス)は無料の受託手荷物は無しとなります。
【日本⇔グアム線】
お預かりする手荷物はお一人様1個23KGまでを2個無料
但し、手荷物1個あたりの重量が32KG以内で、手荷物2個合計の大きさ3辺の和が273㎝未満とし、超える手荷物に関しては受託手荷物としてお預かりできませんので ご注意下さい。

超過手荷物料金

無料手荷物許容量を超過した手荷物は1KGあたり、以下の料金を頂きます。
【日本⇔韓国線】1KGあたり
日本発 :900円
韓国発 :10,000ウォン
《イベント運賃(A・B・Dクラス)》15KG以内一律 16KG以上は上記
日本発 :4,000円
韓国発 :40,000ウォン

【日本⇔グアム線】1回あたり
日本発 :5,000円
グアム発:50USD

特別手荷物料金

《楽器・スポーツ用品について》
無料手荷物許容量に含めて受託手荷物としてお預かり可能ですが、一部、特別手荷物料金が発生する場合がありますで、事前にご確認をお願い致します。また、大型楽器(コントラバス、チェロ等)や大型スポーツ用品については、空港施設要件、機種、搭載スペース上、お預かりできない場合もございますので予め予約センターまで連絡ください。
楽器・スポーツ用品を機内にお持込みをご希望される場合、機内持込み可能なサイズを超える場合は、座席を追加でご購入頂くことが必要です。また、手荷物の最大重量は、座席1席あたり75KG以内となります。

《受託手荷物特別料金設定》2013年7月15日搭乗分より施行
無料手荷物許容量に関係なく以下の物品を預ける場合は、特別料金を徴収致します。
対象品目 : 自転車・スキー・スノーボード・サーフボード・ダイビング機材等
大きさ  : 手荷物1個あたりの重量が32KG以内で大きさ3辺の和が203㎝未満
料金 : 一律一個につき日本発は実重量+1,000円、韓国発は実重量+10,000ウォン
徴収はチェックイン時、各空港カウンターにて行います。

ペットの機内持込みについて

ペットの機内持込みおよびお預かりはできません。

【 手荷物の紛失・破損・遅延について 】

お客様からお預かりしたお手荷物は目的地まで大切に取り扱っておりますが、悪天候や施設的要件などによって、場合によっては破損したり、目的地までお届けできない場合もございます。お客様には多大なご迷惑をお掛け致しますことを心よりお詫び申し上げます。

手荷物の破損について

《申告》
到着時、破損に気付かれた場合は、直ちに空港係員にご申告下さい。
《事後申告・申告期限》
お預けしたお手荷物に破損があった場合には、手荷物を引き取った日から7日以内、手荷物が遅延または紛失した場合には航空会社に手荷物を委託された日から21日以内となります。この期間とは、国際運送約款に定められた期間に基づいております。申告期限を過ぎると対応できかねますのでご注意ください。
《補償》
補償対象となる破損に関しては、対応させて頂きます。
《賠償限度額》
お預かり荷物に対するティーウェイ航空の賠償責任限度は、モントリオール協定またはワルシャワ協定に従います。
モントリオール協定適用の場合 :お客様1人当たり 1.131SDR (特別引き渡し権)
ワルシャワ協定適用の場合   :1KG当たり、20USDまたはその相当額

《補償できないもの》
ティーウェイ航空では、運送中に発生した破損、紛失、遅延またはそれによる如何なる損害に対して責任を負わず、補償できかねますのでご注意ください。以下のものは賠償対象外です。
1.手荷物を取扱う過程で生じた軽い引っかき傷、シミ、鞄の車輪、取っ手・ロック装置の破損またはストラップやアクセサリーの紛失
2.ハードケースに入れていない楽器類やスポーツ用品
3.過度に重い場合や鞄の容量に比べて無理に中身を詰め込んだ場合の手荷物破損
4.壊れやすいものや腐りやすいもの、健康に関する医薬品
5.セキュリティー検査の過程で発生したロック装置の破損やX線検査装置によるフィルムの損傷
6.ノートパソコン、携帯電話、ビデオカメラ、MP3などの高価なパーソナルデジタル製品またはそのデータ
7.現金、宝石や貴金属、有価証券、契約書、論文などの書類、パスポート、身分証、サンプル(見本)、骨董品など価値を決めることが困難な貴重品